忍者ブログ
ブログTOP
 このブログのトップページへ 
11.gif


 このブログが参加しているブログランキングです。

ブログを通じてまた新たな出会いがあったらうれしいな。

偶然このブログに来て下さる方が増えたらうれしいな。

そんな事を考えてランキングに参加することにしました。

1 同じようなテーマの他の人のブログを見たい。

2 私のブログのランキングUPを応援してやってもいいよ。

という方がいらっしゃいましたら、どうぞクリックお願い致します。


ブログランキングにほんブログ村
 
二人目出産
海外出産
子育てブログ
海外育児


 
人気ブログランキング 

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
あまどらのプロフィール
HN:
あまどら
性別:
女性
趣味:
映画・音楽・インターネット
自己紹介:

✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿

あまどらは新潟生まれの日本人。

夫、ディーはコンピュータ大好きのポルトガル人エンジニア。

東京で出会い2005年に結婚。同年冬、夫の実家があるポルトガルに渡る。

ポルトガル・リスボン隣のAMADORAという市に1年半住み、このときにAMADORA(あまどら)というHNでブログをスタートしました。

☺ポルトガル・DIARIO(ブログ)

ポルトガルに住んでいたときにワインや食べ物の魅力に翻弄されてホームページもオープン。

☺ポルトガル関連のHP

そして2007年6月― 今度は夫の転職先が決まって、オーストラリアメルボルンで新しい生活をスタートすることに・・・。

これから一体どんな生活が待ち受けている!?

✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

旅行大好き!あまどらのオススメサイト



世界の☆高級ホテル☆が最大60%オフで予約ができます!海外旅行の情報収集にどうぞ。






ポルトガルに行きたいなぁ。ヨーロッパ行きの格安チケット探すなら、KLM。日本発のヨーロッパ行きは他社と比べて安いですょ。


オーストラリアのお土産♪
ランキング
フリーエリア
広 告
携帯でこのブログ見れます
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

真冬だというのに、わが家では蟻が大発生。

今の一軒家に引っ越してくる前は、シティ近くにある高層ビルの31階に住んでいました。
そこでも蟻が大発生した事があったので
(一体どこから蟻がやってきてるの?と疑問はいまでも解決しませんが)

今は緑の多い地域の一軒家だから当然と言えば当然かも知れません。

2年前にもこの家で蟻が大発生した記事を書きました。

周囲の人たちにも聞いてみると、蟻がどこから入ってくるのかを気をつけて観察し、そこに蟻を退治する毒を置いておくと良いよ、と口を揃えて言います。

それはもちろん引っ越し当初から試しています。

でも、わが家の大問題は家が隙間だらけで、蟻たちが入ってくる隙間が数十カ所あるんです、私の知ってる限り。

一カ所に殺虫剤をスプレーすると数分後に、その10センチ隣からまた大群が入ってくる、そこ一体をスプレーすると壁の反対側の隣の部屋から大群が入ってくる。

しまいにはお風呂場の排水溝から出てくる?これは排水溝に入っていっているのか、出てきているのか分からない始末です。

先週は蟻と大格闘週間でした。

なんと、一番恐れていた、キッチンに蟻が現れたのです。

最初はダイニングのイスにへばりついていた小さな食べ物を見つけた蟻が大行列になってやってきたのが始まりでした。そんなところに食べ物がついていたなんて、蟻を見るまで気づきもしませんでした。

その翌日、朝起きてみると食洗機に入れ忘れたボールが蟻で真っ黒に。その蟻は起きたばかりで寝ぼけていた私の体にも大移動し、キッチン掃除の前にシャワーを浴びなければならなかった程でした。

それを退治した翌日、今度は食品の入った棚に大発生。
蟻達はクッキーが入った箱に大集合していました(泣)

その翌日には、ガス台にこぼれ落ちた食べ物の周りに大発生(これは落ちた瞬間に掃除をしなかった事を大反省)

その翌日には食器棚に入って食物を探しまわる蟻達に遭遇。

おかげでキッチンは今までにない位に磨き上げられましたが、毎日毎日棚からモノを出して拭き掃除をしてまたモノを戻すという作業を一週間繰り返し、クタクタでした。

しかも、蟻、相当お腹が減っているのか、湯沸かしのポットの中にもはいるんです。
息子のミルクを用意してはいどうぞ、と飲ませようとしたら蟻がぷかぷか浮かんでいる。

蟻はあの小さな体で毒を持ってたりするから、小さな一匹でも味が変わってしまうらしく、私がミルクの蟻に気づく前に息子がプヘっっっっとミルクを拒否したりします。

あと嫌なのが、まだ洗っていない洗濯物の山に集まってくる事、それから、トイレやお風呂場に落ちた夫の体毛(気分を害したらスイマセン)を集めて運んでいこうとする姿。

これは正直とっても気持ち悪いです。
いくら掃除機を頻繁にかけても体毛ってよく落ちるんですよね、とくに毛深いポルトガル人ですから。
アレを巣に運ぼうとする蟻の懸命な姿をみて、何とも言えない気分になります。

結局は壁の隙間以上に大きなものは運んでいけないので、床と壁の間に毛がたまっています。
そうすると今度は、私が掃除しやすくなりますけど  変なところで共同作業です。

先週はそんな蟻との戦いの一週間でした。
今は少し落ち着いていますが、どこかに食べ物はないか〜〜とうろうろしている単独の蟻をめざとく見つけては潰しにかかっています。
この一匹を見逃すと何万という蟻と闘うハメになるから。

解決策を考えていますが、市販の蟻の毒とスプレーではどうにもならなかったので、
不動産やにお願いして、家全体に蟻の巣退治の毒を撒いてもらいたいなと思っています。

ただ、心配性の夫が一週間くらい家を空ける時にやってもらおうと言っているので、この計画は夫がホリデーを取れるときまでのお預けになりそうです。

今日も蟻大発生に戦き、目を皿のようにして掃除を余儀なくされる私。

こういう理由でもないと懸命に掃除をしない私も良くないですけどね(笑)


PR
私は、前回の記事にも書いていますが、私はポルトガルに滞在中の2006年から、ただ単に自己満足のために、ポルトガルに関する情報を発信するためのホームページをやっています。

それと同時進行でこのブログをやっています。
こちらは随分長期間に渡り放っておいていますが 

このように情報発信をしていると、いろんなところから質問のコメントやメールを頂いたりします。


ブログをやっていらっしゃる方は多かれ少なかれ、そういうご経験があるかと思います。


私のブログやホームページを通じて、ちょくちょく質問が来る内容でダントツトップなのが、

ポルトガル人との結婚を予定しているが、
お役所の手続が滞っている、情報が明確でない、何が必要か?入国のビザってどうなんでしょう?などといったものです。

そのような方々からの連絡は、もちろん無償でお応えしてるわけですが、
自分が生で体験して、怒ったり落ち込んだり待ちくたびれたり一喜一憂をした結婚手続(別名、誰もが経験するポルトガルの洗礼)を思い出すと、何とも人ごととは思えない感情がわいてきます。

やっと結婚にたどり着き、さぁこれからスタート!という新鮮な時期なのに、早速ポルトガルのお役所の仕組みやポルトガル人に対して憎悪の気持ちを持ちかねない、恐ろしい洗礼です。


○○○○○○○○○○○○○○○○


さて、今年に入ってからブログやウェブを通じて何人かの方々からご質問を頂きました。

その中でもつい最近、私のホームページを通じてスペインにお住まいのとある女性から連絡を頂きました。

ポルトガルの移民局で、結婚を機に滞在許可証を申請するのだが、アポが取れない。

とおっしゃるのです。

私は現地にいる友人にちょっと事情をきいたり、

5年前自分のときはどうだったかな?と思い出したり、

できる限りの記憶を引っぱりだしてみましたが、電話がつながらないというこの女性にはどうも有用な情報でもない。

そこで、私もネットサーチしてみました。
そうしたところ、ポルトガル在住の方のブログの記事に、つい最近に滞在許可証をゲットしたという女性がいるではありませんか!

これは情報が新しいに違いない!

そう思い、そのご質問を頂いた女性に『この方ならきっと、新しい情報をお持ちと思うので、質問してみてはどうでしょう?』と、私が受けた質問を赤の他人にふってしまいました。

これはふられた方としてはなんとも失礼な話しですよね。

面識もない、ブログやネット上のやりとりもない。

そして、私は失礼にも程があるのですが、その方には私からの連絡も入れていなかったのです。(本当にごめんなさい。。。)


ブログがあるのだから、いつか改めてあいさつをしようなどとのんびり構えていたある日。


2009年、昨年の11月にブログを通じてやはり結婚手続やビザの関係でご連絡を頂いた女性からメールが来ました。

「あまどらさんから紹介された女性が困っていらっしゃるとのことでお話しさせて頂きました」と。

なんと!そのブログの女性(
ピパーナさん)は、私とは既に何度かやりとりをされている方だったのです。

世間は狭いですね〜。そのブログの主さんは既に私とネット上では知り合いだったんですね。

あまりの偶然に驚いてしまったこと。これが1つ。

そして、
ピパーナさん は、困っていらっしゃった質問者の女性に私に代わって色々と情報提供して下さったという点が2つ目。

感動してしまいました。

インターネットでは色んな情報を即座に収集できて、人とのつながりもグローバルになります。ご近所さんじゃなくても、地球の裏っかわの住んでいる人にだってメール一つで質問できちゃうわけですからね。


私がお伝えした情報が果たして
ピパーナさんお役に立てたのかは分かりませんが、ご自身の経験をまた困っていらっしゃる方にお伝えしている。

こうして、海外在住の日本人の皆さんが助け合っているって素晴らしいことだなって思いました。

自分が受けた恩恵をありがたく受け取り、また別の人に伝えていく。

pay-forward_2.jpgつい最近、テレビでやってたこの映画を改めて観ましたが、

この精神はまさにブログやウェブを通じて情報発信する立場にいる自分を振り返り、
PAY IT FORWARD』だよなー、まさに。って出来事でした。













○○○○○○○○○○○○○○○○

ポルトガル人との結婚を控えていらっしゃる方、結婚手続やその他色々でご質問や悩みなどあれば、是非こちらで情報交換しませんか?
現在世界に50名以上のメンバーがいらっしゃいます。
portugalmixi.jpg



こんにちは。
この度、ポルトガルにいる友人達と、ポルトガルのお料理ブログをスタートしました。


『ポルトガルの美味しい食卓から』

私は始めてポルトガルを訪れた2004年からポルトガル料理の魅力にとりつかれて(笑)
好きでホームページを作ったりしてました。

ホームページを始めてからもうじき5年になりますが、全然更新もしない、情報が古い、なのに訪れて下さる人が後を絶たない。
これはとてもありがたいことであると同時に、もっとキチンとした情報発信しなきゃ、と反省しています。

中でも、ポルトガル料理に関する情報を探してきて下さる方がダントツで多い!

これがどうも気になっていたので、あるとき、ポルトガル在住の友人に、『ポルトガル料理のレシピをのせたブログをやってみたいんだけど、、、』と相談してみた。

そうしたところ、私のアイディアに賛同してくださり、なんと!私を含め3人でお料理ブログをスタートすることになりました!

パートナーがポルトガル人の女性3人組です。


たとえペースはゆっくりでも、長く楽しく、ポルトガルのごはんや食文化を伝えていきたいなと思っています。


もしご興味があるようでしたら、今後こちらにも遊びにいらして下さい。

ポルトガル料理のブログはこちらです。


こんにちは。

またまた久しぶりの更新です。

去年末からブログに頂いていたコメントの返信を今更アップしました。

せっかくコメントを下さっていた皆様、ゴメンナサイ。

そしてありがとうございました。



さて、私たちは週に一度、日本語のプレイグループに通っています。
今回は鯉のぼりを作りました。

9874195c.jpg

あと数日で息子は1才と5ヶ月 17ヶ月になります。


e94af7a5.jpg


うちの近所のスーパーにいくと、このインスタントスープの宣伝の、段ボール素材でできた等身大お兄さんがいる。


手を挙げている人を見ると、ハイファイブをしたがる今日この頃。この風景は爆笑しました。






忍者ブログ [PR]