忍者ブログ
ブログTOP
 このブログのトップページへ 
11.gif


 このブログが参加しているブログランキングです。

ブログを通じてまた新たな出会いがあったらうれしいな。

偶然このブログに来て下さる方が増えたらうれしいな。

そんな事を考えてランキングに参加することにしました。

1 同じようなテーマの他の人のブログを見たい。

2 私のブログのランキングUPを応援してやってもいいよ。

という方がいらっしゃいましたら、どうぞクリックお願い致します。


ブログランキングにほんブログ村
 
二人目出産
海外出産
子育てブログ
海外育児


 
人気ブログランキング 

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
あまどらのプロフィール
HN:
あまどら
性別:
女性
趣味:
映画・音楽・インターネット
自己紹介:

✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿

あまどらは新潟生まれの日本人。

夫、ディーはコンピュータ大好きのポルトガル人エンジニア。

東京で出会い2005年に結婚。同年冬、夫の実家があるポルトガルに渡る。

ポルトガル・リスボン隣のAMADORAという市に1年半住み、このときにAMADORA(あまどら)というHNでブログをスタートしました。

☺ポルトガル・DIARIO(ブログ)

ポルトガルに住んでいたときにワインや食べ物の魅力に翻弄されてホームページもオープン。

☺ポルトガル関連のHP

そして2007年6月― 今度は夫の転職先が決まって、オーストラリアメルボルンで新しい生活をスタートすることに・・・。

これから一体どんな生活が待ち受けている!?

✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

旅行大好き!あまどらのオススメサイト



世界の☆高級ホテル☆が最大60%オフで予約ができます!海外旅行の情報収集にどうぞ。






ポルトガルに行きたいなぁ。ヨーロッパ行きの格安チケット探すなら、KLM。日本発のヨーロッパ行きは他社と比べて安いですょ。


オーストラリアのお土産♪
ランキング
フリーエリア
広 告
携帯でこのブログ見れます
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
[11] [10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

メルボルンで仕事をスタートしてあっという間に2週間経ちました。今はまだトレーニング中で、毎日新しいことの連続です。しばらく頭を使っていなかったので、ちょうどいい刺激です。

まだまだ私の脳みそは意外に多くのことを記憶することや新しいことを覚えることが可能なことが分かって、嬉しい限りです。(ホントは覚えることが多すぎて悲鳴をあげているとこ

毎日朝から晩までトレーニングを受け、金曜には試験、受からないと追試、という、ちょっと厳しい環境ですが日々何とかがんばっています。


何はともあれ、この数週間は試練続きでした。まったく仕事とは関係ないのですが。

実は、半月ほど前に仕事の面接に行ったころから足がなんとなく痛かったのですが、新しい仕事も始まることだし休めない状況できたからちょっと放置していました。

氷で冷やしたり、痛み止めを飲んだり、冷却用のクリームを使ったりいろいろできることは試していたのです。

でも、発症して10日ほど経っても、日々どんどん悪くなる一方だったんです。
夫もいない、一人暮らしで、近くに頼る家族も親しい友達も誰もいないと思うととても不安で心細くなりました。

ある日、まともに歩けないほど足(くるぶしと足首)が痛み始めたので、会社の帰りに某クリニックに行きました。
日本語新聞に載っていたクリニックだったので、勝手に『信用できるだろう、』という先入観がありました。

これが大きな間違い。その医者は、私のジーンズを脱がせてベッドに寝かせ、クリームをつけて痛いところを、指の力でゴリゴリ押し始めました。そして筋肉を引っ張たり押したり、もともと痛かったのにさらに痛みが増し、ゴリゴリやられている間は、相当うめきました。

その治療(???)が終わると、『さあ、歩いてみなさい』というのです。
一歩一歩を踏み出すのが怖いくらい痛かったのに、そのゴリゴリのあとに歩けと言われ『え。。。、い、痛いです。』と言いながらとぼとぼと歩いて見せ、痛いことを伝えると、
そのドクターは---キっっっ!!!私を睨み、
当たり前だ、これはマジックでもないし私は魔法使いでもないんだ、みたいな事をほざいたのです。

さらにありがとう、ドクターと言えというのです。

なんだかよくわかりませんがありがとう、ドクターと言い、ハーブの入ったハンドクリームをもらい、これを患部につけてよくよくマッサージをするように言われて、クリニックを去りました。どうにも納得行きません。

歩けないほど痛いのに、ますます痛くされて家までどうやって帰ろうか??とクリニックを出た瞬間、途方にくれてしまいました。

---------------------------------------------------------------------
メルボルンのタクシードライバーは非常に不親切です。
どんなに具合が悪くても足が痛くても、近い距離の客を思いっきり拒絶します。
松葉杖をついていても!です。

大体は乗せたくない場合客がいても無視するのが大半ですが、万が一ドアを開けてドライバーを話す事ができても、

そこは今混んでて、あんたを乗せたら1時間半は無駄になるんだよ、乗せられない。

とか

もっとひどいのは、乗ってしばらく運転した後に、そこまでは乗せられないからここでおりな、と言われ、目的地まで相当あるのにお金を払わされた挙句に途中下車されられたり

とか

乗っけた客(私)が近距離のお客だったのを嘆き、『あんたは、僕の生活が大変なのを知らないんだよ、僕は大変なんだよ、生活していくのは大変だよー大変だよー、そこには乗せて行けない。ここで降りてくれ。お金にならないんだよ』とほざくドライバー。
あの感じは、よくポルトガルで見かけた、『お金をください』と物乞いをしている人々の感じととてもよく似ていました。私のことをかわいそうだと思ってよ。私が大変なの、わかってよ。と。

とにかく足が痛い間にいろんなタクシードライバーに出会い、どいつもこいつも馬鹿野郎でした。

そもそも私の家が会社から近いこと、トラム(路面電車)がたくさん走っていることが原因でタクシーが捕まりにくいのはわかっているのですが、それでも、50メートルを歩くのが難しい人間に、駅やトラム乗り場まで歩けと言うのが無理な話です。

------------------------------------------------------------------------------

ともかく、そのクリニックを去った後、タクシーには拒絶され、痛みがどんどん増して情けないのと心細いのが混じってその日は半分泣きながら亀の歩みでとぼとぼと歩いて帰りました。

その日が今までで一番強烈に足が痛み、夜はほとんど眠りにつけませんでしたので、早朝4時ころにベッドを出て、ニュージーランドにいる夫にインターネットで近くのプライベートホスピタルを調べてもらい、タクシーでその病院へと向かいました。

そこでは逆に重体扱いされて車椅子やベッドでいろんなところに運ばれて、その扱いの差に驚きましたが、いろいろな検査を受け、3-4人のドクターが見て、結局はインフェクション(感染)だというので、飲み薬の抗生物質と松葉杖をもらって帰りました。感染っとはいいましたが、なぜそれがおきたのかはまったく分かりませんが、何はともあれ薬と松葉杖で私の気持ちはずーっとよくなったのです。
その日は試験だったのでそのまま会社に向かい、試験を受けました(涙)

今はそれから一週間以上経ち、筋肉がすっかり衰えてしまいましたがずいぶんよくなってゆっくりなら問題なく歩けます。この痛みが、早くすっかりよくなればいいのですが、週末は家でゆっくりする予定です。

体のどこかがいつもいつも痛い状態と言うのは、人間の気持ちを落ち込ませます。落ち込み、ネガティブになり、小さなことを嘆いたり・・・。でも今はずいぶんよくなりました。

痛みがないと睡眠もよく取れるし、何しろ難なく歩くことができるのはなんと便利なことか。。。

嘆く原因は色々たくさんあります。
夫が居なくてさびしいこと、2ヶ月以上前に送った私の荷物がシドニーのカスタムで2ヶ月以上止まっていることや、インターネット業者とのやり取りがうまくいっていないこと、家に何もないのでテレビやインターネットがほしいこと、新しい仕事のこと、色々書ききれませんがとにかく大変なことやムカつくことだらけですが、何にしても気持ちしだいです。
足が痛くないだけで、ほかのいやな事の嫌さ度合いがグンと軽くなった気がするのです。

あと2週間したら、夫のディーが一時帰宅。その日を楽しみに、あと2週間頑張ります。そしたらテレビが買えるーー!!!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
大丈夫ですか??
旦那様がいないのに、いろいろ大変で心細かったでしょうね。。。なんだか、自分のことのように胸が痛くなってしまいました。 私でよければいつでもなんでもお手伝いするので、連絡してくださいね★

私も、新しい仕事が始まって1週間たちました。慣れるまでは気もつかうし、大変ですよね~。 でも、無職の頃と比べると、朝起きて「しないといけないことがある」って、幸せなことだな、と思います。

お互い、がんばりましょうね♪ 近いうちにお会いできると嬉しいです。
きゃどびー 2007/08/25(Sat)19:16:16 編集
きゃどびーさん
こんにちは!お久しぶりです。
ほんっとーに長いことかかりました、ネット開通。
とっても便利で嬉しいです。

ご心配頂いてありがとうございました。
足も治り、すっかり元気なので、近いうちにお会いできると嬉しいです。

お互い新生活頑張りましょうね。

【2007/09/17 21:23】
本当にお大事に
助けてあげたいっ。でもできない...地球の反対側だもんねぇ。
がんばって!人生 苦がありゃ 楽もある。
あまどらさんには 特大の楽が待ってるから。絶対!!!(念力送りました)
ところでオーストラリアってホームドクター制ではないんですか。 
CAPARICA 2007/08/25(Sat)21:13:20 編集
CAPARICAさん!いつもコメントありがとうございます。
念力確かに届きました!!!おかげさまで元気&エネルギー全開です。
インターネットもつながり、ずっと届かなかった荷物が3ヶ月ぶりに届き、新しく出きたお友達と楽しい週末を過ごしたりしてとっても元気に過ごしています。

そうそう、こちらの制度はまだ知らないのですが、多分ホームドクター制もあるんじゃないでしょうか。ポルトガルは確かあったと思います。
何はともあれ、コメント嬉しかったです!元気が出ました
【2007/09/16 21:30】
むむー
こんにちは!
ここで(ブログで)全部吐き出しちゃって下さい!!!

なんかオーストラリアも結構普通に「外国」やなあ・・・私、なんか勝手にみんな親切とか思ってましたが。
ま、親切な人もいるんでしょうけどね、generaliseはよくない・・・。>自分

とりあえず足が早くよくなられることを祈っています。
お仕事も始められたんですね。
そちらもぼちぼちと慣れていってください。
あと、ダンナ様にもよろしく。
どらまきん URL 2007/08/25(Sat)22:03:52 編集
どらまきんさん
どうも、お久しぶりですー!お元気ですか?
コメントありがとうございました。

いや~日々、色々勉強です。どんな国も良いとこ悪いとこ様々です・・・。完璧な国なんて無いんでしょうね。っていっても、ネガティブになっているわけではないんですけどね!やなヤツはどこにでもいるっていう結論でしょうか。。

またどらまきんさんのブログにお邪魔しますねー!
【2007/09/17 18:51】
はじめまして。
あまどらさん、こんにちは。
メルボルンで色々検索しているうちに、こちらのブログにたどりつきました。

私の夫もITの仕事で、数週間~数ヶ月単位で出張があります(最近はだいぶ減りましたが)。日本にいる時はひとりで留守番でも友達と会ったり、買い物に行ったり、そんなに寂しくもないのですが、こっちでひとりで留守番だと心細いです。だからあまどらさんの気持ちはよーくわかります!
私もまだメル歴は1年ですが、何か力になれることがあったらメールくださいね。

それから、会社の人がFoot infectionというのに2回ほどかかってますが、その人は湖だか滝だかで泳いで、傷口からばい菌が入ったみたいです。自分でも気づかないくらいの傷があったみたいです。でも、あまどらさんは最近、そんなばい菌がいそうなところで裸足になったりしたことありますか?ジムのシャワーとかちょっと怪しそうですが・・・。

どうぞお大事に。ご主人の帰宅を楽しみに、頑張ってくださいね!
Y 2007/08/26(Sun)20:40:36 編集
Yさん、始めまして!
こんにちは!はじめまして。コメントいただいて嬉しかったです。ありがとうございました。

Yさんも私と同じような状況なんですね。お気持ち分かります~。IT関係のお仕事って大変なんですよねー。いつも、エンジニアの奥さんはどうしてるんだろう~って疑問に思っていたところでした。

ところで、Yさんのコメントを読んで、今までの疑問が一気に晴れたんですよ。
そういえばインフェクションのほんの少し前にかかとに小さい傷が出来てたことを思い出したのです。あ、アレだ!と思って理由が分かったことでとてもすっきりしました。

いつかお会いできる日が来るの楽しみにしていますね。

【2007/09/17 18:55】
ひどいね~
本当にひどい話ね~・・・。電話で病院の件聞いたときには私まで頭きたわ。あの病院後で知り合いに聞いたらやはり評判悪いみたい。日本語新聞に堂々と出ている病院だとなんか安心してしまうわよね・・・ひどいわ、本当に。

タクシーの件もびっくり!!!
私は一度も利用した事がないので、そんな実態知らなかったです。お友達がインド人のタクシーの運転手に「キスして良い?」と顔をつかまれてぶっとばしたって話は聞いたことありますが・・・。

ビクトリアではタクシーの治安とか便利性を測るために、何かタクシーで嫌な事があったら通報下さいってどこかにでていたわ~そういえば。移民者の運転手さんが多いのよね。問題もきっと多いのね。。。
・。・。snow cat・。・。 2007/08/27(Mon)08:17:37 編集
・。・。snow cat・。・。さん
コメントありがとうございます。この間はありがとうございました。とっても楽しかったです!

今回の一件で、海外一人暮らしが辛くなりタクシーもお医者さんも信じられなくなりました。。涙

でも、snow catさんにお話を聴いてもらったり、会社の同僚に愚痴ったりしながら何とかやってこれました。いつも色々情報を下さったり話を聞いてくださりありがとうございます

これからもよろしくお願いいたします♪再会楽しみにしています
【2007/09/17 20:26】
お大事にね。
新しい仕事でてんてこ舞いかと思ったら、それ以上に厳しい状況だったのね・・・。本当によく独りでやってるよお。あまどらさんの話を聞くと、家族や友達がいっぱい待ってる日本に帰りたくない!なんて言ってる私は、きっとばちが当ると思いました。反省。2週間、きっとあっという間だよ!がんばってね!!
maiko 2007/08/28(Tue)00:58:00 編集
maikoさん
いえいえ、、、私は弱いのよ~いっつも愚痴ってるし。。。

日本に帰ったの、私はうらやましいな~。無いものねだりかな?笑

今度maikoさんたちに会えるのは日本かな?
美味しいもの食べて飲んで、しばらくポルトガルでいっぱい頑張ったお二人ともの疲れを癒してね。
【2007/09/17 20:29】
大丈夫?
何やら一人で大変な状況に陥っていますね。近くに居たら何かしてあげたい。ネットなどで、誰かに愚痴を言うのもいいかも。早くネットが繋がるといいね。待ってるわ。
それにしてもお大事にね。
小町 2007/08/28(Tue)01:56:45 編集
小町さん
こんにちは~!すっかり足も良くなり元気なあまどらです。
ポルトガルのみなさんはおげんきですか??

ようやくネットが繋がったので気兼ねなくインターネットが使えるのが幸せです

また小町さんのブログにもおじゃましますねー
【2007/09/17 20:33】
無題
乗り越えられるから、今は耐えるのだ。
頑張れ、頑張れ、頑張れ、とエールを送り続けながら、きっともっとさらに寛大に、かつ素敵に成長を遂げるあなたの姿を浮かべます。
のりこ 2007/08/29(Wed)02:46:19 編集
のりこさん
こんにちは!コメントありがとうございます♪すっかり元気になりました。

のりこさんのエールも届きました辛かったけどやっぱり何だかんだ言って乗り越えられました。辛いことが終わると小さな自信になります。

のりこさんとまた再会を出来ることを願って・・・オーストラリアで頑張ります!
【2007/09/17 20:35】
あと2週間
分かる。
普段,ちょっとむかつくってことがあっても
体調よかったらなんとかクリアできるけど
一人で体調崩すとちょっとしたことも
ネガティブになるよね。
早く旦那さん帰ってきますように。

体調悪い人にも不親切なんだね,,,タクシー運転手。
きゃしー 2007/08/29(Wed)20:52:53 編集
きゃしーさん
お久しぶりです~!お元気ですか?
そうそう、ポルトガルって言葉が出来なくても、どんな人にでも困っていたら親切なイメージがありました。ところが今回のタクシー事件でオーストラリアの人が信じられなくなりました。ひとくくりにするのは良くないとは分かっていますけど、でも・・・相当ムカつきました。

今はすっかり元気なので、前向きに頑張ってまーす。
きゃしーさんはいかがですか?お仕事お忙しいですか?
癒されるために、可愛いくまちゃんを見にブログにも遊びに行きますね~
【2007/09/17 20:44】
辛かったでしょう。。
スイスからコメントします。
旦那様が出張中に不運が重なりましたね。。
聞いているだけでも腹立たしい病院とタクシー。
オーストラリアってもう少しフレンドリーで
ちゃんつぃているのかと思っていました。。
神様は乗り越えられない試練は与えないという
言葉を耳にしたことがありますが、
その通りかもしれません。
今はゆっくりして、ストレスのできるだけない時間をすごしてほしいです。
あい 2007/08/31(Fri)19:55:31 編集
あいさん
お元気ですか?
おおー!スイスからだったんですね。お心遣いありがとうございました。
すっかり気持ちも体も元気になりました。

いかにプライベートの時間を有意義にして仕事のストレスと疲れをとるか課題です♪スイスで楽しく明るく元気に、そして彼とお幸せに過ごして下さいね。
【2007/09/17 20:48】
ふぉるさ!!!
足は大変だったのですね・・・。
それにしても、ひどい医者です。
タクシー運転手達も、ひどい!!
ポルトガルも、タクシーはスピード狂だし、あまり好きではありませんが、メルボルンは、乗車拒否をするんですね・・・しかも具合が悪いのに・・・
あと2週間、心細いかもしれませんが、足の具合もよくなってきたとのこと・・・
これから、上向きですよ!!!絶対大丈夫!
どうか、元気を出して、ディーさんの帰りを待っていてください!
ポルトガルから応援しています!
GIRAS+SOL 2007/09/01(Sat)00:48:29 編集
GIRAS+SOLさん
こんにちは!励ましのコメントありがとうございました。

すっかり足がよくなり前向きに毎日がんばってますー。

いくら海外で自分が外国人とは言え、ポルトガルでは人の優しさにすっかり慣れきっていたのでこちらでタクシーの乗車拒否などで以外にショックを受けていました。

でも負けずに頑張ります!きっと良いことも待っているはず
【2007/09/17 20:55】
無題
久しぶりにどうしているかなあ?と読んだら、ビックリしました。
もう、足の方は大分良くなりましたか?
新しい土地で新しい生活に慣れるまでには、時間がかかりますよね。きっと、英語がしゃべれるから、一気に頑張り過ぎちゃっているのでは?Pouco a Pouco で頑張ってね。
タクシー運転手はどこの国でもひどい人多いですね。でも、メルボルンのはちょっと怖いな。
人って同調するから、悪い事やる人が1人いると、次から次へと真似する人が増えてくるよね。
これから、たくさん良い人たちに出会えて、その輪が、ググ~っと広がる事を、心から祈っていますよ!自分の感性を信じて、頑張ってくださいね!
AmorChiko 2007/09/01(Sat)20:16:38 編集
AmorChikoさん
こんにちは!お久しぶりですー。最近どうしてますか?コメントいただいて嬉しかったです。

弱っているときに人に冷たくされるとほんとに辛いモンですね。今回身をもって体験しました。その分ちょっと成長できたのかな(笑)なんて思ったりしてます。

お二人の新しい生活もこれから始まるのですね!お体お大事に、お元気で頑張ってくださいね!オーストラリアで応援してます。
【2007/09/17 21:01】
その後いかがですか?
足はもう大丈夫ですか?痛みが取れて、ちゃんと歩けるようになられてればいいのですが…

私も2ヶ月前に大阪から主人の転勤で引っ越してきたばかりです。Southbankに住んでいるのでよければ連絡くださいね。
little B 2007/09/05(Wed)09:17:03 編集
little Bさん
こんにちは!はじめまして。
ご連絡ありがとうございました。嬉しかったです。

little Bさんもお引越しされたばかりなのですね。しかもご近所じゃないですか!近いうちにお会いできたら嬉しいですね。

メールの方にもご連絡させていただきます。

【2007/09/17 21:03】
がんばれー
足の具合はどうですか?もう治ったのかな?心細くて傷みも倍増だったことでしょう。
そろそろご主人も帰ってきたころかな?辛いことなんか忘れちゃえー!
rosmaninho 2007/09/10(Mon)00:14:58 編集
rosmaninhoさん
すごくお久しぶりです~!お元気ですか?
コメントありがとうございました。

夫の出張はまだまだ続きそうですが、私の足も治り仕事も初めて一ヶ月が過ぎ、新しい生活にも慣れつつあります。

新しい生活で忙しいのがちょうど良く、彼のいない生活でも気がまぎれます 笑

日本は残暑のようですが、お元気でお過ごしくださいね
【2007/09/17 21:05】
試練なのかな
試練かもしれない、と感じることがいくつか続いたので
たまたま通りかかった神社にお参りしたり
実家のお仏壇やお墓にお花を飾ったりしています。
ずっと習慣として続けられたらいいなと今は思うんだけど、
以前にはそれほどなかった感覚ですが、そういうことも大事なのかなーって思うようになりました。
ともつん 2007/09/10(Mon)01:30:37 編集
ともつんさん
そういうの大事かも知れないね。

たまに、少し違ったら大変なことになりそうなときとか、ご先祖さんが守ってくれたのかな?ラッキーだったとか思います。
【2007/09/17 21:07】
アッタマキタ~~~!!
なにそのメルボルンのタクシー信じられない。
私はメルボルンでタクシー殆ど乗った事が無いし、クイーンスランド州のタクシーは結構親切でしたよ!!酷いですね~タクシー協会とかにに訴えてやりたい。でも日本でもそんな感じですよ~そこまで言われれば乗らないけど、こんにちは~って乗車してるのに"無視"、で行き先言っても"無言"乗ってから道を説明しても"無視"、降りるとき「どうも」って言ったみたが、ありがとうも言わない無言タクシーが結構多いです(ワンメーターちょっとだったからでしょう)。嫌な感じです。
足、インフェクションだそうですが、いかがですか??酷いようですね、歩行困難に成る程だなんて…ご主人もまだ出張ですし…近くにいたら何かお手伝いしてあげられるのに…。
初めの医者はなんですかね!!有り得ない。
私そんな医者に出会ってたら…キレちゃいそうです(怒)
本当にお大事にして下さい。
bio URL 2007/09/13(Thu)15:45:39 編集
bioさん
こんにちは!コメント、そして共感いただいてありがとうございました。

ほんっとーに頭にきた出来事だったので、腹立ち紛れに書きなぐったブログで、今読み返すと、ほんとにあたし頭にきてたんだなと、自分でも思うくらいです。

あんなに痛かった足も、1ヶ月近くかかって全く痛みがなくなりました。ご心配、お心遣いありがとうございました!
【2007/09/17 21:10】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]