忍者ブログ
ブログTOP
 このブログのトップページへ 
11.gif


 このブログが参加しているブログランキングです。

ブログを通じてまた新たな出会いがあったらうれしいな。

偶然このブログに来て下さる方が増えたらうれしいな。

そんな事を考えてランキングに参加することにしました。

1 同じようなテーマの他の人のブログを見たい。

2 私のブログのランキングUPを応援してやってもいいよ。

という方がいらっしゃいましたら、どうぞクリックお願い致します。


ブログランキングにほんブログ村
 
二人目出産
海外出産
子育てブログ
海外育児


 
人気ブログランキング 

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
あまどらのプロフィール
HN:
あまどら
性別:
女性
趣味:
映画・音楽・インターネット
自己紹介:

✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿

あまどらは新潟生まれの日本人。

夫、ディーはコンピュータ大好きのポルトガル人エンジニア。

東京で出会い2005年に結婚。同年冬、夫の実家があるポルトガルに渡る。

ポルトガル・リスボン隣のAMADORAという市に1年半住み、このときにAMADORA(あまどら)というHNでブログをスタートしました。

☺ポルトガル・DIARIO(ブログ)

ポルトガルに住んでいたときにワインや食べ物の魅力に翻弄されてホームページもオープン。

☺ポルトガル関連のHP

そして2007年6月― 今度は夫の転職先が決まって、オーストラリアメルボルンで新しい生活をスタートすることに・・・。

これから一体どんな生活が待ち受けている!?

✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

旅行大好き!あまどらのオススメサイト



世界の☆高級ホテル☆が最大60%オフで予約ができます!海外旅行の情報収集にどうぞ。






ポルトガルに行きたいなぁ。ヨーロッパ行きの格安チケット探すなら、KLM。日本発のヨーロッパ行きは他社と比べて安いですょ。


オーストラリアのお土産♪
ランキング
フリーエリア
広 告
携帯でこのブログ見れます
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
[1] [2] [3] [4]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

みなさん、あまどらです。本当にお久しぶりです。

8月は夫の故郷であるポルトガルへ一時里帰りし、その後8月後半から日本へ帰国いたしました。このブログは日本の私の実家から書いています。

今回の一番の目的であった末の弟の結婚式、行って来ました!

式は二人の建設中の新居の近くにある小さな教会で、そしてその後のパーティーはシントラにある、避暑地のテント会場で行なわれました。

きちんとしたポルトガルの結婚式に出たのは初めての経験。

周囲の人から、『きっと長くなるよ~』と、話は聞いていたのでなんとなくそんな覚悟はしていったのですが、午後1時に教会に集まり、パーティー会場を後にしたのは夜中の12時。いや~、、妊婦にとってのみならず、きっとみんなにとってもなんとも長い一日だったでしょう。
二人が新居を建てている地域にある唯一の教会。
田舎なのでどんな教会なんだろうと半信半疑でしたが、すごく古くてきれいな教会でした。

宗教上の細かいことはよく分かりませんでしたが、神父さんや近しい友人が聖書から引用した言葉を読み上げたり、二人が誓いの言葉を読んで指輪の交換をして、あっという間に式自体は終了しました。

妊娠でトイレがかなり近くなっている私は、これが長引いたらどうしようと内心ひやひやしていたのですが、ほっとした瞬間でした。

ここからがシントラへの大移動!おのおのが車でパーティー会場に移動したんですが、その日はポルトガルでは3連休の一日目。シントラはいつも休日や祝日に環境客がごった返してひどく混むのですが、この日の混みようも尋常じゃありませんでした。
パーティー会場に向かう出席者たちは、例のごとく車から大音量でクラクションを鳴らしていくんですが、途中で大渋滞に巻き込まれ、クラクション=結婚したカップルが通るぞー!!お祝いお祝い!ムードじゃなくて、おー、そこどけどけっムードに変わってしまった。

移動に何分かかったか覚えていませんが、相当の混みあいようで、一刻も早くトイレに行きたかったことだけはとても印象的でした

パーティー会場についてみると、なんとも素敵なテントと庭に感動!

シントラは、昔から避暑地として王侯貴族が訪れ滞在した場所といわれています。

ここの会場も、屋外にテントをはったとはいえ、トイレも子ども達が遊べる場所もきれいで衛生的でシャンデリアが下がって雰囲気も豪華、食事もワインもとてもおいしく頂きました。

ただ肌が弱い私は、ここに来て蚊に刺されまくり、10時間近くも痒さと葛藤していました。そう、みどりいっぱいに囲まれた場所ですから仕方ないのですけどね。

庭は念入りに手入れがされており、きれいな花と木々が青々と茂っていてどこで写真をとってもベストショット!!



食事が終わり、歓談の時間が過ぎるとダンスの時間がやってきました。
これが長いのなんの。そして、思う存分に飲んで食べたポルトガル人のエネルギーとテンションの高さには驚かされます。
今回は、ポルトガル人が何時間でも踊り続けられるというのをこの目でしっかりと見てきました。

DJを勤めた男性もご苦労様だったなって思います。パソコンひとつとDJの器具をテーブルに用意して長時間に渡り雰囲気に合った音楽を流し続け、途中で飽きないようにクラブ音楽にしたり、70年代ディスコの雰囲気にしたり、子どもの踊れる音楽にしたり、ロマンチックな音楽に切り替えたり。。。
日本の結婚式の分刻みな式の進行スケジュールとは天と地程も違うポルトガルのパーティーの進め方を見ていて、新鮮な気分になりました。



夜になると、明るく照らす月明かりの元、ペナ城のてっぺんにフシギな雲がかかりました。写真バカの夫を呼んで、見てみて~、というと早速何十枚も写真を撮り始めたのでした。
そのうちの一枚。なんだかフシギな雰囲気に包まれたシントラの夜。

_MG_7562.jpg


二人にとってのこの特別な一日は、雲ひとつない快晴!その頃のポルトガルは曇りの日が続いたりしていたので心配していたのですが、天気も神様の祝福を表していたようです。
ああー、お金も時間も、いろんな人に心配もかけてポルトガルにこれて本当に良かった、家族や親戚と時間が過ごせて嬉しかった、心からそう思える一日でした。


PR
我が家のアパートには入り口にコンシェルジュがあって、不在の場合は宅配物を預かってくれたり、クリーニングを出したりできる。


先日、突然コンシェルジュから連絡が。。。



引っ越しをしてからここ一年、一度も連絡をもらったこと等ない。不在の宅配物の場合は必ず不在票がポストに入っているはずだからこの電話はいったい何だ!?


話によると、1ヶ月前からコンシェルジュの棚に入りっぱなしの荷物があるので取りにこい、と。



封を開けてみると、こんなものが



DSCN3848_small.JPG



なんだ?この試験管。










その瞬間、私はピンと来ました!



c324a85cjpeg


なんと可愛い結婚式招待状でしょう!義理の弟に報告も兼ねてお礼を言うとこれは手作りとのことでした。センスの良さに感激。


その後、何故に到着までこんなに待たされたのかが不服になりましたが、何はともあれ手元に届いて良かった
ポルトガルにいる夫の弟カップルが今年の8月に結婚します。

姪は私のことはいつまでもナモラーダ(ガールフレンド)と呼んでましたが、
この弟の彼女アンドレアのことはずっと前からティア(叔母さん)と呼んでたのを思い出します。

子供は分かりやすいですね。

姪っ子が産まれてこれまで、二人はずっと夫婦のように連れ添ってる訳だから、そりゃ、夫婦と思っても不思議ありませんよね。
その二人の結婚式が今年の8月にポルトガルでありますが、その出席のためのチケットをようやくとりました!

妊娠の詳しい検査をする前だし、
超音波検査とか内診とかを一度もしてない状態で決めてもいいものかどうかと悩んでいましたが、今のところ問題ないし、GPの医者には8月は安定しているでしょうと言われたので、思い切ってチケット予約しました。
8月前半〜20日くらいまでの滞在予定です。

楽しい旅行になるように、これから体調に気をつけなくちゃ。
一年ぶりのポルトガル、楽しみです。





    ニュージーランドからメルボルンに帰って来てから、ずっと日記の更新を怠っていました。
というのも、何となくブログを更新する気になれなかったからです。

何と、メルボルンに帰ってから市販の検査で分かったのですが、どうやら妊娠している。

近くのGPに行ってきちんと調べてもらうとやはり妊娠しています、と言われました。
ただ尿検査をして、おなかを触って、体重をはかってその他問診。(計115ドル!約1万1千円!高い!)

驚いたのは今は紙のカルテ、使わないんですね。

全部コンピュータ。

新しい患者情報として、私がクリニックに入って書かされた基本情報が、お医者さんと対面するときには既に入力済み。

で、問診してその他情報を更に入力し、最終の生理スタート日等を入れ、ボタンをクリックすると、次の検診日、その他検査の必要な時期、出産予定日などが自動的に出るようになっています。
へ〜、とシステムに関心してしまった私は、先生が入力しているコンピュータに釘付けになってました。色んなタブがあって、その一つに女性のおなかの写真がついてるものがありました。パソコンお絵描きツールみたいなのがその横にあり、線を引いたり色で印をつけたりしておなかの状態も入力できるようになってました。面白い!


今は妊娠月数が第3月目で、来週には妊娠10週を迎えるため、月曜にまたお医者さんに会いにいきます。


次回はエコー検査や血液検査をする予定です。


今はオーストラリア、超ベビーブーム。


私は永住者ではなく、オーストラリア人と結婚した訳ではないのでメディケアという日本でいう国民健康保険はありません。もしメディケアがあったら出産にかかる費用は無料です。ベビーボーナスという仕組みがあって、政府からは給付金がでます。こういった対応も子供を産みやすい環境にしているということでしょうか。

私たちはもうすぐ移住して来て1年経ちます。プラーベート保険に入ってもうじきで一年経ち、ウェイティングピリオド - 待機期間 が終わるので払い戻しできるようになります。

オーストラリアは少子化どころか、人口増加。
移民も子供も増えて、メルボルンはそれに併せて住居もドンドン増やしていく計画があると何かの記事で読みました。確かに我が家の周り、高層ビルがボコボコ建ってきています。この人口増加に追いつかなくちゃという勢いなのかも!?


実際に出産したいという病院を今から予約したのでは、もう時既に遅し、、の状態もあり得ます。
夫の同僚の経験者や知り合いから聞くと皆口を揃えて同じことを言います。キャンセルしてもいいからとりあえず予約を入れろ!!
そうしないと、長い順番の後尾の方で待たされ、最終的にあいている病院に勝手に振り分けされるとかなんとか、、、。

色々知らないことだらけですが、情報に敏感に、色々と聞いておいて後から困ったりということがないようにしなくちゃ。










忍者ブログ [PR]