忍者ブログ
ブログTOP
 このブログのトップページへ 
11.gif


 このブログが参加しているブログランキングです。

ブログを通じてまた新たな出会いがあったらうれしいな。

偶然このブログに来て下さる方が増えたらうれしいな。

そんな事を考えてランキングに参加することにしました。

1 同じようなテーマの他の人のブログを見たい。

2 私のブログのランキングUPを応援してやってもいいよ。

という方がいらっしゃいましたら、どうぞクリックお願い致します。


ブログランキングにほんブログ村
 
二人目出産
海外出産
子育てブログ
海外育児


 
人気ブログランキング 

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
あまどらのプロフィール
HN:
あまどら
性別:
女性
趣味:
映画・音楽・インターネット
自己紹介:

✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿

あまどらは新潟生まれの日本人。

夫、ディーはコンピュータ大好きのポルトガル人エンジニア。

東京で出会い2005年に結婚。同年冬、夫の実家があるポルトガルに渡る。

ポルトガル・リスボン隣のAMADORAという市に1年半住み、このときにAMADORA(あまどら)というHNでブログをスタートしました。

☺ポルトガル・DIARIO(ブログ)

ポルトガルに住んでいたときにワインや食べ物の魅力に翻弄されてホームページもオープン。

☺ポルトガル関連のHP

そして2007年6月― 今度は夫の転職先が決まって、オーストラリアメルボルンで新しい生活をスタートすることに・・・。

これから一体どんな生活が待ち受けている!?

✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿
カレンダー
01 2017/02 03
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

旅行大好き!あまどらのオススメサイト



世界の☆高級ホテル☆が最大60%オフで予約ができます!海外旅行の情報収集にどうぞ。






ポルトガルに行きたいなぁ。ヨーロッパ行きの格安チケット探すなら、KLM。日本発のヨーロッパ行きは他社と比べて安いですょ。


オーストラリアのお土産♪
ランキング
フリーエリア
広 告
携帯でこのブログ見れます
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
[105] [104] [103] [102] [101] [100] [99] [98] [97] [96] [95]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私が二人目を妊娠してから、息子の様子が少し変わりました。

突然甘えん坊になったというか、
キッチンで食事の用意をしようとしたり洗い物を片付けようとしたりすると
今までなかったくらい、はげしくまとわりついてきます。

まとわりつくというよりは、
力づくで私のやっている事を辞めさせようとするんです

流し台と私との間にスルリと潜り込んで、
体重をかけて思い切りプッシュして私をキッチンから引き離そうとします。

洗濯物などをたたんでいると背中に登りついてあそんで〜〜とせがんできます。

こういうときは、今すこし我慢したら、あとでいっぱい遊ぼうねと言って、
我慢した事をいっぱい褒めてあげるのが良いのだと思いますが、
さすがにいつもこれでは大変です。

それから、一緒に遊んでいるときなど、やたらとお腹の上にのっかるようになりました。

お出かけして、子供が遊べるプレイグラウンドなどにいくと
いつもなら一人でテクテク遊びに行くのに、
最近は私の足にまとわりついて、一人で遊びに行く気配が全然ありません。


妊娠は関係なくて、息子の年齢的なものもあるんだろうな、と思って様子を見ています。

が、最近、

「妊娠してからの上の子の反応」ということで、面白い情報を見つけました。


親が妊娠に気づいていない時ですら、

上の子供がでんぐり返しのポーズをよくとるようになり、

それが妊娠の知らせだというのです。

(→体を折り曲げて、自分のまたから頭を出して、またから後ろをのぞく見たいなポーズ)

それから、妊娠すると、子供が親のまたをくぐるのが大好きになるとか。

こういうのって、ジンクス好きの人が作った作り話かと思ってました。

でも、わが家の息子もやたらとまたくぐりをします。

特に一ヶ月前くらいにピークで。

そういうのが楽しい時期なのだと思ってました。

(いや、今でも半分そう思ってますけど。。)

でもそういう情報を見たりすると、まんざらでもないのか!?と思う自分もいたりします(笑)

息子は逆子で帝王切開だったので(それが理由?)

またから顔をのぞかせるポーズはしません。

いろんな説を聞いて不思議な気分になりますが、

息子を妊娠中にマタニティスイミングで借りて読んだ本

おぼえているよ。ママのおなかにいたときのこと



という本の事を思い出しました。

科学的にそんなことは証明できないという事は百も承知です。

でも、読んでみると、ほんとにこんな事があるの!?
いや、実は子供の胎内の記憶ってホントに残っているのかも!と、
ホンワカした気持ちになります。


53パーセントの子どもが「胎内の記憶」を、42パーセントの子どもが「出産時の記憶を口にした」産婦人科医の聞き取り調査をもとにした胎内記憶の証言集。

なんだそうです。半分以上の子が記憶があるんですって、ビックリです。

▶▶ここをクリックすると、書籍の見開き4ページが見る事ができます。


そして、妊婦さんの間で広まっているこの有名な詩。絵本にもなってます。



私があなたを選びました

おとうさん、おかあさん、

あなたたちのことを、こう、呼ばせて下さい。

あなたたちが仲睦まじく結び合っている姿を見て、

わたしは地上に下りる決心をしました。

きっと、わたしの人生を豊かなものにしてくれると感じたからです。

汚れのない世界から地上に下りるのは、勇気がいります。

地上での生活に不安をおぼえ、途中で引き返した友もいます。

夫婦の契りに不安をおぼえ、引き返した友もいます。

拒絶され、泣く泣く帰ってきた友もいます。

あなたのあたたかいふところに抱かれ、今、わたしは幸せを感じています。



おとうさん、

わたしを受け入れた日のことを、あなたはもう思い出せないでしょうか?

いたわりあい、求め合い、結び合った日のことを

永遠に続くと思われるほどの愛の強さで、わたしをいざなった日のことを

新しい”いのち”のいぶきを、あなたがフッと予感した日のことを

そうです、あの日、わたしがあなたを選びました。



おかあさん、

わたしを知った日のことをおぼえていますか?

あなたは戸惑いました。あなたは不安に襲われました。

そしてあなたは、わたしを受け入れてくださいました。

あなたの一瞬の心のうつろいを、わたしはよーくおぼえています。

つわりのつらさの中でわたしに思いをむけて自らを励ましたことを、

わたしをうとましく思い、もういらないとつぶやいたことを、

わたしの重さに耐えかねて、自分を情けないと責めたことを、

わたしはよーくおぼえています。



おかあさん、

あなたとわたしはひとつです。

あなたが笑い喜ぶときに、わたしは幸せに満たされます。

あなたが怒り悲しむときに、わたしは不安に襲われます。

あなたが憩いくつろぐときに、わたしは眠りに誘われます。

あなたの思いはわたしの思い あなたとわたしは、ひとつです。



おかあさん、

わたしのためのあなたの努力を、わたしは決して忘れません。

お酒をやめ、タバコを避け、好きなコーヒーも減らしましたね。

たくさん食べたい誘惑と、本当によく闘っていますね。

わたしのために散歩をし、地上のすばらしさを教えてくれましたね。

すべての努力はわたしのため、あなたを誇りに思います。



おかあさん、

あなたの期待の大きさに、ちょっぴり不安を感じます。

初めての日に、わたしはどのように迎えられるのでしょうか?

わたしの顔はあなたをがっかりさせるのでしょうか?

わたしの身体はあなたに軽蔑されるでしょうか?

わたしの性格にあなたはため息つくでしょうか?

わたしのすべては、神様とあなたたちからのプレゼント

わたしはこころよく受け入れました。

きっとこんなわたしが、いちばん愛されると信じたから。



おかあさん、

あなたにまみえる日はまもなくです。その日を思うと、 

わたしは喜びに満たされます。

わたしといっしょに、お産をしましょう。

わたしがあなたを励まします。あなたの意志で回ります。

あなたのイメージで下りてきます。

わたしはあなたをこよなく愛し、信頼しています。



おとうさん、

あなたに抱かれる日はまもなくです。

その日を思うと、わたしの胸は高鳴ります。

わたしたちと一緒に、お産をしましょう。

あなたのやさしい声が、わたしたちに安らぎを与えてくれます。

あなたの力強い声が、わたしたちに力を与えてくれます。

あなたのあたたかいまなざしが、わたしたちに励ましを与えてくれます。

わたしたちはあなたをこよなく愛し、信頼しています。



おとうさん、おかあさん、

あなたたちのことを、こう、呼ばせて下さい。

あなたたちが仲睦まじく結び合っている姿を見て、

わたしは地上に下りる決心をしました。

きっと、わたしの人生を豊かなものにしてくれると感じたからです。



おとうさん、おかあさん

いま、わたしは思っています。わたしの選びは正しかった、と。



わたしがあなたたちを選びました。

作者 鮫島浩二(中山産婦人科クリニック)


日本のニュースを見たところ、最近子供の虐待の悲しいニュースが続いている様ですね。

産後うつも、出産育児を経験した人なら他人事ではありません。

自分が親になって改めて、こういったニュースに敏感に反応します。

亡くなってしまった子供の事を思うと、上のような詩も何だか残虐に響きます。
なぜ自ら選んで、この親の元に生まれてきたのだろう、、、と。



「子どもは皆、愛されるために生まれてきます。お母さんたちが子育てにちょっと疲れたとき、ちょっと行き詰ったときにこの本を開き、心から愛しいと感じた 親子関係の原点を思い出し、また元気になってほしいと願っています」

この詩の筆者が、こんなふうに仰っています。

子育て大変だけど、こういう詩や本に触れてホッとできる心の余裕が大事だなと思う今日この頃です。




育児や出産に関するブログランキングに

参加しています!

クリックすると人気ブログのランキングに飛びます。

そして同時に、私のブログへの一票となります。

ブログを通じてまた新たな出会いがあるかな??

にほんブログ村
マタニティーブログ 二人目出産へ にほんブログ村 子育てブログ
海外育児へ

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
(; u ;)
私は子供がいないので、母親、父親のことを考えて(目に涙をためながら)この詩、読ませていただきました。
私、自分の両親を選んで良かった *^^*

あまどらさん、この詩を読んでお子さんのことを思うと、さらに愛おしく感じるのでは? ^^

私にとって妊娠はすごく神秘的なものです。
きっと「ありえない」と思われていることも思いっきり現実のものに変えてしまうパワーみたいなもんがあるんや思います。

トトロと同じで絶対子供達って大人が見えないことや信じないことが見えたり信じたりすることができるんですよ ^^

でも大人になるとなんで忘れてしまうんかなぁ・・・

息子さんは潜在的に赤ちゃんのこと分かっていると思います。
でも時期的なものと思いますし大丈夫ですよ、きっと ^^

素敵な詩の紹介、ありがとう ^^
ピパーナ URL 2010/08/02(Mon)01:14:17 編集
Re:(; u ;)
ピパーナさん

>私は子供がいないので、母親、父親のことを考えて(目に涙をためながら)この詩、読ませていただきました。
>私、自分の両親を選んで良かった *^^*

そんな風に思ってもらえて私は嬉しいです。よかった。
自分の両親に、こころからそう思えるって幸せですよね♡

>
>あまどらさん、この詩を読んでお子さんのことを思うと、さらに愛おしく感じるのでは? ^^
>
>私にとって妊娠はすごく神秘的なものです。
>きっと「ありえない」と思われていることも思いっきり現実のものに変えてしまうパワーみたいなもんがあるんや思います。

いやーそのとおりと思います。不思議な夢とか見るんですよー何でしょうね。

妊娠中って、「私って何でもできそう〜!!」とおもってムダにエナジェティックになってみたり(気分だけ 汗)、何にもしてないのに数時間後疲れ過ぎてベッドに横になってたり 笑

気分のムラがはげしくて体力は子供に吸い取られてるんでしょうね。

>トトロと同じで絶対子供達って大人が見えないことや信じないことが見えたり信じたりすることができるんですよ ^^

そうでしたねー子供にしか見えないものって沢山あるんでしょうね。
息子には既に弟か妹の姿が見えているのかも。

成長を願う一方、子供の無垢で素直な姿をみていると、このまま時がとまってくれれば良いのにと思うこともあって、親のエゴと矛盾に気づかされます。
【2010/08/05 21:48】
無題
私もまだこどもがいませんので、ご両親のように実感をもって詳しいわけではありませんが、
大学では、児童学を勉強していました。

それもあって、絵本を描く事にも興味があるのですが(^_^)

こどもは、お腹の中での音を、記憶しているというお話を、授業でも聞いた事があります。
お母さんの心臓の音も、お腹の中にいた時からの記憶で残っているので、産まれてから、
赤ちゃんの頭を心臓側にして抱っこすると落ち着くという場合もあるようです。

こどもは、大人の感じている事を大人が思っている以上に敏感に感じ取ることができるように思います。
だから、お母さんの不安や嬉しいことは、話してなくてもなんとなく感じ取ることができるようです。

スイスのお友達で、2人目の赤ちゃんを、1人目のお子さんが1歳の時にご出産された方がいらっしゃいました。
やはり、上の子は、お母さんによくくっつくようになったり、泣く回数が増えたから不安だったとおっしゃっていました。
何かいつものお母さんと違うと、気になっていたようにも思います。

そんな事もあり、まだ上のお子さんも小さかったので、新しい赤ちゃんが産まれたらどうなるか、お母さんは不安にも感じられていたようですが、
産まれた赤ちゃんを見て、上のお子さんはとっても嬉しそうな笑顔で受け入れていました☆
私もそのお子さん同士の初対面の感動のシーンに立ち会わせて頂けたので、自分もその笑顔に涙が出そうだったのを覚えています!

赤ちゃんが誕生してからは、上のお子さんも、お母さんが赤ちゃんのお世話をするのを真似たりするようになっているようです。

焼きもちみたいなものは、どうしてもある場合が多いようですが、
こどもは向き合ってお話すると、以外となんでも理解できるようなので、言ってもわからないかな?と大人が思っているような事も、こどもに語りかけてあげるのもいいのかもしれないなと私は思っています。
そうする事で、こどもの不安感や心配がなくなって、お母さんの状況も理解しやすくなるのかな、なんて思ったりします。

私は自分のこどもがいませんので、まだ自分で何かをしてあげられたわけでもなく、
多くを語れるわけでもないので恐縮ですが、
大学での経験などを思い出したので、思わずコメントさせて頂きました。

多少の参考になれば幸いです☆

どうぞお体には気をつけてお過ごし下さい♪

お母さんの安心した元気な顔が、こどもは一番嬉しいものです♪♪



美木 URL 2010/08/04(Wed)07:36:09 編集
Re:無題
美木さん

コメントありがとうございました!とっても嬉しいコメントでした。
そうでしたか。児童学を学ばれたんですね〜いつか色々お話を伺いたいです♪

きっと美木さんの描く子供の絵本はとってもあたたかいだろうな、と、目に浮かぶ様です。

親の不安は確かに、すぐに子供に伝わってしまいますね。
子供って、言葉以外の雰囲気で敏感に察するんですよね。

親がハッピーでいなくてはなりませんね。
親の元気な安心した表情が子供にとって一番の安心材料。本当にそう思います。

スイスのお友達の兄弟初対面の話しを聞いてちょっと安心しました。
その上のお子さんの笑顔、きっととても輝いてたんだろうな〜
その感動的な瞬間に美木さんもいらっしゃったとの事、素晴らしい瞬間だったでしょうね。


【2010/08/05 21:58】
こんばんは ^^
妊娠中の「私って何でもできそう〜!!」っていうの、体験してみたいですwww
私もあまどらさんみたいにいろいろ無茶しそうw

そうそう、絶対息子さんには見えてるんですよ~、自分の弟か妹の姿が。

そうですね、成長が止まってほしいと思うのはあるでしょうけど、将来の楽しみもそのうち出てきますよ ^^

なんだか私までわくわくしてきたなぁ ^^
ピパーナ URL 2010/08/12(Thu)07:14:09 編集
Re:こんばんは ^^
ピパーナさん

こんばんは!
いつもコメントありがとうございます(涙)
システム障害を起こしているピパーナさんにも追いつかないくらい、私の超マイペースな更新お許しください(苦笑)

>妊娠中の「私って何でもできそう〜!!」っていうの、体験してみたいですwww

そうそう、一人目の妊娠の時は、里帰り出産だったから、資格試験をいくつか臨月付近に受けてボッコボコ蹴られながら面接とかしてました。
今となっては良い思い出です 笑。

ピパーナさんご夫婦がお子さんをいつかお考えなのだとしたら、きっと妊娠中の不思議を体験するかもしれませんね、楽しみ〜。
【2010/08/15 22:31】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]