忍者ブログ
ブログTOP
 このブログのトップページへ 
11.gif


 このブログが参加しているブログランキングです。

ブログを通じてまた新たな出会いがあったらうれしいな。

偶然このブログに来て下さる方が増えたらうれしいな。

そんな事を考えてランキングに参加することにしました。

1 同じようなテーマの他の人のブログを見たい。

2 私のブログのランキングUPを応援してやってもいいよ。

という方がいらっしゃいましたら、どうぞクリックお願い致します。


ブログランキングにほんブログ村
 
二人目出産
海外出産
子育てブログ
海外育児


 
人気ブログランキング 

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
あまどらのプロフィール
HN:
あまどら
性別:
女性
趣味:
映画・音楽・インターネット
自己紹介:

✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿

あまどらは新潟生まれの日本人。

夫、ディーはコンピュータ大好きのポルトガル人エンジニア。

東京で出会い2005年に結婚。同年冬、夫の実家があるポルトガルに渡る。

ポルトガル・リスボン隣のAMADORAという市に1年半住み、このときにAMADORA(あまどら)というHNでブログをスタートしました。

☺ポルトガル・DIARIO(ブログ)

ポルトガルに住んでいたときにワインや食べ物の魅力に翻弄されてホームページもオープン。

☺ポルトガル関連のHP

そして2007年6月― 今度は夫の転職先が決まって、オーストラリアメルボルンで新しい生活をスタートすることに・・・。

これから一体どんな生活が待ち受けている!?

✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

旅行大好き!あまどらのオススメサイト



世界の☆高級ホテル☆が最大60%オフで予約ができます!海外旅行の情報収集にどうぞ。






ポルトガルに行きたいなぁ。ヨーロッパ行きの格安チケット探すなら、KLM。日本発のヨーロッパ行きは他社と比べて安いですょ。


オーストラリアのお土産♪
ランキング
フリーエリア
広 告
携帯でこのブログ見れます
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
[91] [107] [106] [105] [104] [103] [102] [101] [100] [99]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先週、久々の検診に行って参りました。久々の第2回目。


はじめての検診は、さほど時間もかからないし、
やる事も殆どないだろうから私と息子だけで大丈夫!と
二人で出かけて全く問題ありませんでしたが、

今回はウルトラサウンドの検査と検診のダブルで、
私一人では息子をおとなしくさせておくのはムリと思ったので
夫にも半日休みを取ってもらい同行してもらいました。



今回の目的は子供の成長を見るという事が一点と

もう一点大事な目的はダウン症検査でした。

ウルトラサウンドでのダウン症の検査は、鼻の骨の状態と首の太さをはかります。

そのほか血液検査の結果も併せて、子供がダウン症に生まれる確率がどれくらいあるのかをドクターから知らされます。

その後、確実に検査をする場合は羊水をとることもあるようです。


オーストラリアの場合、
年齢が30才を超えての妊娠の場合は、血液検査+ウルトラサウンドでダウン症検査はするようにとすすめられる事が多いです。
(日本のシステムはよく分かりませんが。)


さて、結果から言うと、

私の年齢での妊娠でダウン症の子供が産まれる可能性がおよそ1/700。

検査の結果では、1/7000です。とのことでした。

ダウン症の確率に関して、情報をご覧になりたかったらご参考まで。
http://www.cdadc.com/ds/down-syndrome-risk-factors.html
http://www.mothers35plus.co.uk/down.htm

ドクターの口から結果を聞いてホッとしましたが、

それよりもウルトラサウンドで見えた子供の画像があまりに鮮明だったのと

性別を知らされた事で、そっちの方で頭がいっぱいでした




何せ、今回のウルトラサウンドは随分と手こずってしまい、

終わった時にはあーやっと帰れる、、、思ったらドッと疲れがでてしまうものでした。


通常のウルトラサウンドはお腹の皮膚の上からジェルをぬって

機械をあてて子宮の中の赤ちゃんの様子をみるというものですが、

私は帝王切開後の傷あとがあり、どうも皮膚の上からだとうまく子供が映し出せない、

ということだったので、

カメラを下からいれることになりました

第一回目の検診のときも、子供が小さい(1−2㎝)なので

当然皮膚の上からじゃなにも見えないということで

股からカメラをいれるのは致し方ないとは思ってましたが、

今回もまたですか。。。。。。




しかも、今回の目的、ちっこい鼻の骨と首の太さをはかるというミッション付きなので

正しいアングルでないと正しい検査結果が出ないと来た。



我が第二子は第一子に負けず

頑固なのかレイジーなのか、

親の意に反する事が好きなのか、

どうしてもうまい角度に動いてくれません。

こどもの写真をとるのは難しいというけど、

既にそれが始まっているのか??と思わせる程。


私は下半身はだか、下からはカメラを入れてコードを引き連れながら

ベッドの上でお腹をポンポンやって振動を与えたり、お尻をフリフリしたり、
(これはエコー技師の人がやれといったからやったんです。。。)

相当苦労しました。

お尻ふって!横に振って!いや、今度は上下に!って。。。。
一度出産して恥が無くなったというか、
あんな事もこんな事もアリになってしまったというか、
きっと第三者から見たら何とも言えない姿だった事でしょう。

夫は息子を抱っこしながら、その情けないな姿を心配そうに眺めていました。


でも、結局子供は動いてくれず、

ちょっと休憩しましょう!ということになりました。



病院のガウン、下半身は何もはかずにそのままの状態でしばらく待ち、

2度目の検査開始。

今度はあっという間にきれいな横顔が映し出され、キチンと検査の結果が取れました。

結果が正常だったので一安心しました。

それにしてもエコー技術はすごい!
夫と二人で、おーすごいねー!!と思わず歓声を上げてしまいました。


このエコーに関しては、私が出産した日本の総合病院に設置されていたエコーとは

比べ物にならない位精密に映し出されました。

胎児のサイズは頭からお尻まででわずか7.4㎝。

にもかかわらず、脳や手や足、心臓の動きやその他内臓、背骨の発達もとってもはっきり見えるんです。

はじめての経験ではなかったけど、この技術は前回同様ほんとすごいな〜と感心してしまいます。



検査が終わるやいなや、夫が待ちきれずに聞きました。

「男の子?女の子?」と。

私の目から見て、技師の人は首のサイズや鼻の状態を見るのに必死で、
性別判断に集中していたとは思えなかったのに、
7−8割がた男の子みたいですよ。っと言いました。

夫は「イェーイ!!じゃあ、3人目は女の子だね」と何とも無邪気でバカ正直なコメントを。


。。。まずは二人目無事に産まなきゃその先考えないから、と私は心の中で思ったのでした。

女性は時に男性よりも現実的にモノゴト考えるよね。



☆記事に紹介した写真は、私がいつか欲しいと思ってるポルトガルのオーガニックブランド、NATURAPURAです。


育児や出産に関するブログランキングに

参加しています!

クリックすると人気のあるブログのランキングに飛びます。

そして同時に、私のブログへの一票となります。

ブログを通じてまた新たな出会いがあるかな??

にほんブログ村
マタニティーブログ 二人目出産へ にほんブログ村 子育てブログ
海外育児へ

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Ola
ダウンシンドロームの検査もするとは知りませんでした O_o
でも検査しておいて確率など聞いておくと安心は安心ですよね。

しかしすごいですね、腰フリフリとか下半身裸でしばらく待つとかw

性別はほぼ男の子と言うことですか!
楽しみですね~ ^^
旦那様のコメには笑いましたがw

ナチュラプラ、私も目をつけていました!
友人がもうすぐ出産なので、こちらからナチュラプラのものを何か送ろうと思っているんですよ ^^
ほんまにかわいいしナチュラル思考なのがいいですよね~♪
ピパーナ URL 2010/08/18(Wed)07:41:23 編集
Re:Ola
>ダウンシンドロームの検査もするとは知りませんでした O_o
>でも検査しておいて確率など聞いておくと安心は安心ですよね。

ダウン症検査は日本人の私にはあまりピンと来ません。
欧米では一般的な検査のようですね、ネットサーフィンしていて英語だと色々情報が入ってきますしね。
もしダウン症だったらどうするのかというのを真剣に夫婦で話し合うわけですが、結果を知ることの目的は?知ったら子供を諦めるのか?と、最初は検査の意味に疑問があったのですが、そうだった場合に産むのか産まないのか、夫とは意見がまっぷたつに分かれました。妊婦になってはじめてこの現実とむきありましたが、産まない選択をする人は少なくないようです。
しかし、命の重みを考えるととーっても難しい問題です。

>ナチュラプラ、私も目をつけていました!
>友人がもうすぐ出産なので、こちらからナチュラプラのものを何か送ろうと思っているんですよ ^^
>ほんまにかわいいしナチュラル思考なのがいいですよね~♪

ね、かわいいですよね〜♪お肌にも優しそうだし。お友達にも絶対に喜ばれますよ!
【2010/08/20 23:04】
おめでとうございます!
すごーい、たのしみですね!
欧米ではダウン症のチェック、当たり前のようですね。
結果を聞いて、諦める人もいるんでしょうか。。。
ポルトガル人の彼に、ダウン症の方同士の結婚や出産に対する欧米の考え方を聞いて驚いた記憶があります。

男の子兄弟も楽しみですね!
私も男の子の母になることが夢です。笑
S URL 2010/08/19(Thu)20:23:15 編集
コメントありがとうございました!
Sさん
こんにちは。コメントありがとうございます。

>すごーい、たのしみですね!
>欧米ではダウン症のチェック、当たり前のようですね。
>結果を聞いて、諦める人もいるんでしょうか。。。

そうですね、そのように考える人も少なくない様ですね。綺麗ごとだけでなく、実際に産み育て一生面倒を見るという事がどれだけ大変なことなのか実際は分かりませんし、夫にもそう問いかけられて真剣に考えてしまいました。


>ポルトガル人の彼に、ダウン症の方同士の結婚や出産に対する欧米の考え方を聞いて驚いた記憶があります。

そうなんですか、私はその話は知りませんでした!日本ではあまり入って来ない情報ですね。

>男の子兄弟も楽しみですね!
>私も男の子の母になることが夢です。笑

そうですか!男の子は甘えん坊でカワイイですが、手がかかる時期が女の子に比べてちょっと長いかも〜(汗)それぞれの個性によるでしょうけど、わが家もまだまだ大変そうです。。。
【2010/08/26 07:44】
無題
7.4cmで性別がすでに分かってしまうのって、すごいわー。相手はプロだからね。
同性の兄弟、姉妹が居るのはいい事だと思いますよ。その先は、またゆっくりと。。。まずは無事に出産される事をお祈りしています。
小町 URL 2010/08/19(Thu)20:29:38 編集
Re:無題
>7.4cmで性別がすでに分かってしまうのって、すごいわー。相手はプロだからね。

そうなんですよー、この小さなサイズで分かってしまうのはすごいです。
ただ実物を見るよりもエコーだからこそ分かる脳みそとか心臓とか、なかなか見る機会がないので面白いですね。

>同性の兄弟、姉妹が居るのはいい事だと思いますよ。その先は、またゆっくりと。。。まずは無事に出産される事をお祈りしています。

ありがとうございます。引っ越しもありのバタバタの毎日ですが、
お得意のマイペースで休み休みやっていきます。
【2010/08/26 07:46】
無題
ドキドキしますね〜。
それにしても、技術もすごいですね。

出産までハラハラドキドキの日々と思いますが、楽しんでがんばってください★

アクセももうすぐだと思うので、楽しみにしててください。ほっこりした気分になっていただけたら・・・いいな。

Rina URL 2010/08/20(Fri)15:56:29 編集
Re:無題
rinaさん

コメントありがとうございました!そして、アクセ。。。とってもかわいくて顔がほころびました。
まさに幸せ便でしたよ。

また機会があればぜひぜひお願いします!
【2010/08/26 07:47】
Ola ^^
そうですね、ダウン症の子供を持つということを現実として考えたとき、夫婦のとらえかた、取り組み方ってシビアな問題ですものね。
良し悪しあるんでしょうけど、本音を吐き出すことってすごく大切だと思いますし、すごく欧米らしいですね。

友人は9月出産なのでナチュラプラ、反応が楽しみです ^^
ピパーナ URL 2010/08/23(Mon)22:10:37 編集
Re:Ola ^^
>そうですね、ダウン症の子供を持つということを現実として考えたとき、夫婦のとらえかた、取り組み方ってシビアな問題ですものね。
>良し悪しあるんでしょうけど、本音を吐き出すことってすごく大切だと思いますし、すごく欧米らしいですね。

子供が出来ると、話し合う機会が一気にふえるし、夫婦であり同時に親という肩書きもでてきて関係が深まる気がします。

>友人は9月出産なのでナチュラプラ、反応が楽しみです ^^


そうなんですか!お友達の出産はもうスグですね!
元気なお子さんが産まれますように!!!
【2010/09/06 09:15】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]