忍者ブログ
ブログTOP
 このブログのトップページへ 
11.gif


 このブログが参加しているブログランキングです。

ブログを通じてまた新たな出会いがあったらうれしいな。

偶然このブログに来て下さる方が増えたらうれしいな。

そんな事を考えてランキングに参加することにしました。

1 同じようなテーマの他の人のブログを見たい。

2 私のブログのランキングUPを応援してやってもいいよ。

という方がいらっしゃいましたら、どうぞクリックお願い致します。


ブログランキングにほんブログ村
 
二人目出産
海外出産
子育てブログ
海外育児


 
人気ブログランキング 

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
あまどらのプロフィール
HN:
あまどら
性別:
女性
趣味:
映画・音楽・インターネット
自己紹介:

✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿

あまどらは新潟生まれの日本人。

夫、ディーはコンピュータ大好きのポルトガル人エンジニア。

東京で出会い2005年に結婚。同年冬、夫の実家があるポルトガルに渡る。

ポルトガル・リスボン隣のAMADORAという市に1年半住み、このときにAMADORA(あまどら)というHNでブログをスタートしました。

☺ポルトガル・DIARIO(ブログ)

ポルトガルに住んでいたときにワインや食べ物の魅力に翻弄されてホームページもオープン。

☺ポルトガル関連のHP

そして2007年6月― 今度は夫の転職先が決まって、オーストラリアメルボルンで新しい生活をスタートすることに・・・。

これから一体どんな生活が待ち受けている!?

✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

旅行大好き!あまどらのオススメサイト



世界の☆高級ホテル☆が最大60%オフで予約ができます!海外旅行の情報収集にどうぞ。






ポルトガルに行きたいなぁ。ヨーロッパ行きの格安チケット探すなら、KLM。日本発のヨーロッパ行きは他社と比べて安いですょ。


オーストラリアのお土産♪
ランキング
フリーエリア
広 告
携帯でこのブログ見れます
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
[57] [56] [55] [54] [53] [52] [51] [50] [49] [48] [47]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

わが家から車で5−10分程の所にショッピングモールがあるのですが、子連れで出かけやすい所なのでちょくちょく遊びにいっています。
行ってみると、子連れの女性や家族がとっても多いので本当に気軽です。

baby room/ changing room がこのモールには数多く用意されているので、授乳室やおむつ替えのテーブルを利用するために決して待つことはありません。



おむつを替えるためのテーブルと流し台。

 

 



その隣には電子レンジが。哺乳瓶を入れて暖めている人をよく見ます。
IMG_0228_small.JPG IMG_0223_small.JPG


そして、カーテンで仕切られてソファのある授乳室。
IMG_0225_small.JPG 
IMG_0227_small.JPG






おむつの自販機も。
IMG_0226_small.JPG
ここで、初めてあった他人のママ同士で、『おむつはどれが良いの?何使ってる?』なんて感じで情報交換したりもたまにします

日本でお出かけをした際、授乳室のあるショッピングモールに出かけたのですが、授乳室の前で行列ができていて、子供が泣いているのに授乳が出来なかったことがありました。いそいで粉ミルクを用意しましたが、日本では公共の場で授乳している人の姿も見ないので、白い目で見られるんじゃないか!?と思うとなかなか授乳するのも心苦しい。

この出来事から、日本では赤ちゃんを連れてお出かけするのに、ちょこっと勇気と覚悟と勢いと準備をキチンとしていく必要があるな、って思いました。
理由を考えてみたのですが、

 赤ちゃん連れでお出かけできる所が限られている。

 その限られたデパートやショッピングモールに当然多くの人が集まる。

 行列が出来たり大勢の人が集まりすぎていて、施設を気軽に自由につかうことが出来ない。

 なんとなく出かけるのがおっくうになる。

こんな感じです。ますます外に出かけたくなりますよね。

それから、日本で出かけてみて気づきましたが、おむつ替えするのにパパが自由に入れない所もあります。
例えば女性用トイレにしかおむつ替えテーブルが置いてないところ。

そういう見方をしてみると、オーストラリアではパパがおむつ替えしたり、ミルクの用意をしたり、普通のこととしてベビールームを活用している姿に出会います。

子供がいなければ気がつきもしないことです。
日本で過ごした時間は産後2か月程なので、日本の設備についてやどのような常識があるのかは良く知りませんが、メルボルンに戻ってスグに、家族と一緒に出かけてみて、『オーストラリアでは小さな赤ちゃんがいても外に出やすいし、とても過ごしやすい』という良いイメージができました。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
育児生活の幸先よろしいようで何よりですね!
日本はなんでも便利なだけは世界一かと思っていましたが、
違うようですね~~~。
日本って、なんかピントずれてるよね?!?
Amorchiko 2009/03/04(Wed)00:18:09 編集
Re:無題
日本、特に首都圏でもっと子供が育てやすい環境に整ってくれるといいな〜。
里帰りの時にも活用しますもんね。

便利さとサービスは世界一だけどね。。。
【2009/03/11 13:43】
無題
アマドラさん、こんにちは。

ものすっごくお久しぶり!!

いつのまにやらご出産なさっていたとは!!

遅くなりましたが、ご出産おめでとうございます♪
かわいいべべちゃんですね(^^)
旦那様が協力的だから心配ないと思いますが、
楽しみながら育児して下さいね。
さくら椿 2009/03/08(Sun)13:47:57 編集
さくら椿さん
こんにちは!!すごい久しぶりです、コメント嬉しかったです。

そうなんです、子供が産まれて日々育児に奮闘中です。

またよかったら遊びに来て下さいね〜〜。
【2009/03/11 13:44】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]